Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

フットワークが軽いのに多彩な画像編集機能を持つ『ToyViewer』

カテゴリ:グラフィック&デザイン写真
現在の価格: 無料
販売元:Takeshi Ogihara
対応OS:10.7以降

画像加工に関するだいたいのことが出来るアプリ。

画像加工のアプリといえば「Photoshop」が、いちばん高機能かつ多機能です。

しかし、高機能がゆえに起動するのが遅く、多機能がゆえに操作が素人にわかりづらく、メモリも大量に消費します。

「画像サイズを変更したい」とか「webに載せるため減色したい」とか「写真に簡単なフレームをつけたい」とかそういうことをするには、「ToyViewer」のほうが使いやすいです。

機能で「Photoshop」に劣るとはいえ、趣味で使うには必要な機能はすべてそなえています。

なにより「Photoshop」にくらべて動作が軽いのがいいですね。

toyviewerで作った画像

上は「ToyViewer」のアイコン画像を勝手に借りていろいろ加工してみた写真です。(クリックすると大きい画像表示)

いちばん左が元画像で、右の4個は「メニューバー」>「ツール」>「ツールパネル…」で表示される「ツールパネル」(写真中いちばん右)を使って適当に作りました。

すごいなぁ、これ!

あらためて使ってみると、むちゃくちゃいいフリーソフトだなぁ。

こんな凄いアプリ、フリーソフトでいいのかしら?

おすすめアプリというより、必ず入れておくべきアプリですね。

Mac App Store で見る

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

0 Comments

Add your comment