Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

コマンドランチャでインターネット上のサービスを自由自在に扱えるFirefox拡張『Ubiquity』

MacでコマンドランチャといえばQuicksilverが有名ですが、Quicksilverをインターネット上のサービスすべてにも適用できるようにしたかのような、全能感が漂う素敵拡張です。


Ubiquity for Firefox from Aza Raskin on Vimeo.

Vimeoの紹介動画では、Gmailでメールを作成中に、Googleマップで住所を検索してその結果をメールに貼り付けたり、住所から近隣のレストランの情報を探したり、Googleカレンダーにイベントを登録したり、テキストを選択して翻訳したり、ページの内容を引用してGmailを作成したり、Wikipediaで単語を調べたり、Twitterにテキストを投稿したり、 tinyURL でURLを省略させたり、まさにインターネットを縦横無尽、やりたい放題ですね。

Ubiquityを起動させるにはOption+スペース

ロケーションバーに「about:ubiquity」か、Ubiquityのランチャで「help」で、ランチャを起動させるホットキーを変更することができます。

Ubiquity1

「chrome://ubiquity/content/cmdlist.html」か「command-list」でUbiquityで使えることができるコマンド一覧を見ることができます。

Ubiquity2

目についたコマンドをちょっと試してみました。

weather

Ubiquity3

weather 地名で天気予報を見ることができます。

youtube

Ubiquity4

flickr

Ubiquity5

他にもGmailを利用したり、選択したテキストを翻訳したり、Amazonを検索したり、twitterに投稿したりメジャーどころのサービスは結構つかえますね。

ユーザの方が投稿したコマンドを、公式サイトのほうで見れて、簡単にインストールできたり、「command-editor」で比較的簡単にコマンドを自分でも作れるのでUbiquityでできることは無限大ですね。

Ubiquity6

リアルタイムで変更が適用されます。

ダウンロードは
Mozilla LabsのUbiquityのページの「Install the prototype」より

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment