Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

ターミナルからiPhone,iPod touchのバックアップ機能を切る

「Backup Disabler」の記事でも書いたように、iPhone,iPod touchはMacにUSB接続するたびに、バックアップを強制的にとらされて、バックアップ、同期作業が終わるまでにとても時間がかかります。

バックアップはたまに、同期は毎回するのが、時間の節約と、もしもなにか起きてしまった時の対策のバランスとして望ましいです。

やり方は簡単でiTunesが起動していない時にターミナルで

defaults write com.apple.iTunes DeviceBackupsDisabled -bool true

バックアップ機能を使いたい時はtrueからfalseに変更すると使えるようになります。

追記:SecretsというPrerencePaneを使えば「Enable iTunes iPhone backup」のチェックを外すだけで、バックアップの機能を停止させることができます。

Windowsの方は「iPhoneのバックアップをskipする(win/mac) - やねうらお-よっちゃんイカはしばらく買わずにiPhoneだけに注力する男」の記事に詳しいやり方が書いてあるので参考に。

まず、iTunesを終了させます。

「隠しファイルを表示する」のオプションがツール→フォルダオプションで設定されていることを確認してください。*2

iTunes設定ファイル(iTunesPrefs.xml)は、以下のフォルダのいずれかにあります。*3
C:\Documents and Settings\-USERNAME-\Application Data\Apple Computer\iTunes
C:\Documents and Settings\-USERNAME-\Local Settings\Application Data\Apple Computer\iTunes.
C:\Users\-USERNAME-\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes (Vista)

念のためiTunesPrefs.xmlファイルのバックアップをとっておいてください。

このファイルをテキストエディタで開いてください。
User Preferences
と書かれているところにジャンプして、このセクションの最初のタグ*4の直後に次のものを挿入して保存してください。

DeviceBackupsDisabled

dHJ1ZQ==

iTunesを開いてください。 バックアップなしで同期されます。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment