Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

様々なアプリの隠された設定を弄ることができるPreferencePane『Secrets』

Safariのデバックメニューを表示させる、Dockの3D表示を2Dに変更する、スクリーンショット画像の形式を変更する、iTSへのリンクをiTunesライブラリに変更する、不可視ファイルを表示させる、などなど一般的なユーザには隠しておいてある、コアな設定がチェックボックスをぽちぽちしていくだけで設定を変更させることができます。

Secrets


むちゃむちゃたくさん設定できる項目があるので、一通り見てみて自分に最適なセッティングを探してみるのがいいと思います。
僕はアニメーションエフェクト系列を全部切りました。
お勧めは
「Systemwide」>「Quartz 2D Extreme Enabled」(GPUに描画を任せてCPUの付加を減らす)
「Finder」>「Show full path in title bar」(Finderウィンドウのタイトル部分にフルパスを表示する)
「Safari」>「Load PDFs in Browser」(Safariで開くとむっちゃ重いのでチェックを外す)
などでしょうか。
こういった設定はターミナルで「defaults write ~」と打ち込まないと変更できないので、手軽に弄れるようになるのは嬉しいです。

ダウンロードは
Secretsさんの
「PrefPane」より
ダウンロードする

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

0 Comments

Add your comment