Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

MacPorts

Mac OS Xで利用できるパッケージ管理ツール

パッケージ管理ツールといえばFinkが一番有名ですが、Mac OS XでUNIXを利用するにあたってはMacPortsが最良の手段になりつつあると思います。

MacPorts(旧名DarwinPorts)というのはパッケージ管理ツールで、UNIX向けのオープンソースソフトウェアをダウンロード、configure、make、インストール、そのパッケージ使用するのに必要な他のパッケージも一緒にインストールなど面倒な作業をすべて代わりにやってくれる便利なソフト。

いろいろ調べてみたところはこべにっき#さんの
「MacPortsでステキなUNIXツールをインストール」がもの凄くわかりやすく説明してくださっているので引用祭りになってしまいそうです。

要、Xcode(コメントで教えていただきましたが、最新版の2.4.1をインストールしておかないと、MacFUSEがビルドできないみたいです)
まずは、ディスクイメージをダウンロードしてインストーラを利用してMacPortsをインストール。
ソースからビルドしたい方はBeginning OS Xさんで詳しく説明されていますのでターミナルから以下の通りに

$ cd
$ curl -O http://svn.macports.org/repository/macports/downloads/MacPorts-1.5.0/MacPorts-1.5.0.tar.bz2
$ tar xvfj MacPorts-1.5.0.tar.bz2
$ cd MacPorts-1.5.0/
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

そして環境変数の追加

MacPortsは、MacPorts自身を含めたファイルをすべて/opt/local以下にインストールする。なので、各種パスを/opt/localに通しておく必要がある。そこで、自分のシェルの環境変数を以下のように設定しておく。

export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH


Mac OS Xデフォルトのbashの場合は、自分のホームディレクトリの.bashrcに上の2行を書き込んでおく。

そしてMacPortsのアップデート

$ sudo port -d selfupdate
$ sudo port -d sync

MacPortsの使い方
ソフトウェアの検索

$ port search 検索したいパッケージ名

ソフトウェアのインストールは

$ sudo port install インストールしたいパッケージ名

その他のコマンドは以下のエントリを参考。


ダウンロードは
MacPortsさんの
「Downloads」>「Downloads Directory.」>「MacPorts-1.5.0/」>「MacPorts-1.5.0-10.4.dmg」より
ダウンロードする

追記:Leopardでは上記のやり方で環境変数の追加をしてもパスが通りません。
コメントでやり方を教えていただきましたので以下転載。

>Mac OS Xデフォルトのbashの場合は、自分のホームディレクトリの.bashrcに上の2行を書き込んでおく。

の後に、自分のホームディレクトリに
.bash_profile
作って、
source ~/.bashrc
と書いて置くと通るようです。

Lukeさんわかりやすいコメントありがとうございました。

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

13 Comments

通りすがり  

あれ?MacPortsはまだ取り上げてなかったんですね。
参考になるサイトとしてMacPorts WikiJpを上げときます。

MacPortsはMacを*nixとして使うのに一番いい方法ですよね。universal対応も早かった&Portsファイル自体を自分で書くのも比較的簡単。何よりもfinkみたいに/sw/なんて奇妙なディレクトリを作る必要がないw

追加情報として、XcodeはTiger付属のバージョンではなく、最新の2.4.1を別途ダウンロードしてインストールした方がいいです。
何が違うか?

コレを使わないと話題のMacFUSEがビルド通らないのです。

2007/07/14 (Sat) 01:59 | EDIT | REPLY |   

veadar  

コメントありがとうございます。
僕はUNIXの本当に触りの部分をうろついているだけなので、補足コメント非常に助かります。
さっそく教えていただいた、リンクを追加させていただきました。

2007/07/14 (Sat) 02:14 | EDIT | REPLY |   

通りすがり  

いへいへ、こちらこそいつも色んな面白そうなアプリの情報をいただいていますのでw

これからはMacPortsでインストールできる、よりコアなツールの紹介も期待してます(^-^)

2007/07/14 (Sat) 02:42 | EDIT | REPLY |   

Luke  

パス

今、Leopard でパッケージを用いて入れたんですが、
この状態だとprintenvで見る限りパスが通ってませんねぇ。

>export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
>export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

>Mac OS Xデフォルトのbashの場合は、自分のホームディレクトリの.bashrcに上の2行を書き込んでおく。

の後に、自分のホームディレクトリに
.bash_profile
作って、
source ~/.bashrc
と書いて置くと通るようです。

全部ターミナルからやるとこうなるのかな?

echo 'export PATH=$PATH:/opt/local/bin:/opt/local/sbin/' >> ~/.bashrc
echo 'export MANPATH=$MANPATH:/opt/local/man' >> ~/.bashrc
echo 'source ~/.bashrc' >> ~/.bash_profile

参考までに。

2008/02/06 (Wed) 09:49 | EDIT | REPLY |   

veadar  

そうなんですよね、Tigerだと上記の方法でも通るのですがLeopardだと通らないですよね。
わかりやすい解説ありがとうございます。
すぐに変更しておきます。

2008/02/06 (Wed) 13:58 | EDIT | REPLY |   

Ww  

突然のコメント失礼します
ruby on railsに興味を持ちMacportsというものをインストールしようとしているパソコン超初心者の者です(プログラミングの経験はまったくありません)
上記の記事に関する質問をさせていただけないでしょうか

・「Mac OS Xデフォルトのbashの場合は、自分のホームディレクトの
.bashrcに上の2行を書き込んでおく。」というのはどういう意味ですか
いろいろ検索してまわったのですが上記の部分の説明がどのページにもなく
何を何でどういう作業をすればいいのかどうしてもわかりません
ホームディレクトリというのはハードディスクの中にある家のマークのことだと思うのですが.bashrcというのはなんのことでしょうか
ホームディレクトリの中を見ても.bashrcなるファイル(これの意味もよくわかっておりません)はありません 
検索ボックスやspotlightで.bashrcを検索してもなにもヒットしません
もしよろしければお教えいただけないでしょうか
よろしくお願いします

使用機種 ibook
MacOS 10.4.11


2008/06/07 (Sat) 11:44 | EDIT | REPLY |   

veadar  

最初が.で始まるファイルは不可視ファイルと呼ばれ、Spotlightで検索してもでてきません。

見たい場合はターミナルで「ls -a」で見ることができます。

.bashrcは単に設定を書きこんでおくための、そういう名前のテキストファイルなのでない場合は自分で作ります。

そのさいに使用するテキストエディタはviやmi、CotEditorなどがいいでしょう。

2008/06/07 (Sat) 13:26 | EDIT | REPLY |   

Ww  

すばやおい回答ありがとうございます
申し訳ないのですがもう少し質問させてください

「ls -a」で見ることができるということですがそれはどういうことでしょうか
ターミナルというものを起ち上げ「ls -a」をコピー&ペーストしてみたのですが下記のような結果がでました
.dvdcss Pictures
.. Desktop Public
.CFUserTextEncoding Documents Sites
.DS_Store Library ??????????????????
.Trash Movies
.bash_history Music
これが何を意味しているのかまるでわかりません

.bashrcがない場合は自分で作るとのことですがそれは具体的には
テキストエディタを使用してどのような作業をすればいいのでしょうか

おそらく初歩のさらに手前な質問だとは思うのですがグーグルなどで
検索してもこの辺りの単純な作業に関する説明がまるでヒットせず
プログラミングをはじめるはじめないどころのレベルにすら達することができていない状態です
よろしければお教えいただけないでしょうか
よろしくお願いいたします

2008/06/07 (Sat) 14:05 | EDIT | REPLY |   

veadar  

lsはファイル名のリストを表示してくれるコマンドです。
ls -aの-aはオプションで不可視ファイルを表示するオプションです。

日本語ファイルを文字化けせずに見たい場合は-vを加えます。

だからls -avが一番使いやすいでしょうか。

ls コマンド
cd コマンド

でGoogle検索するとUNIX的なことが理解できると思います。
もしくはmutaさんのサイトがわかりやすいので一通り目を通されてはいかがでしょうか?

http://nmuta.fri.macserver.jp/unix-index.html

.bashrcの作りかたは普通にテキストファイルを作るときと同じです。

内容をコピペしてファイル名を.bashrcにして保存してください。

2008/06/07 (Sat) 21:14 | EDIT | REPLY |   

Mm  

回答ありがとうございます

記載していただいたページのぞいてみます

ファイルに関してなのですが
ではこの場合ですとmiなどのエディタを起ち上げ
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH
と記述しそれを.bashrcという名前を付けて保存
できあがった.bashrcというファイルをホームディレクトリをクリックして開いたなかの 書類 ライブラリ ムービー ミュージックなどのフォルダが
ある場所にそれらと同列に特にフォルダを作って格納などせず置けばいいということでしょうか

しつこいようで大変申し訳ないのですが回答いただけないでしょうか
よろしくお願いします


2008/06/07 (Sat) 23:55 | EDIT | REPLY |   

veadar  

そうです。
Leopardをお使いならば、.bash_profileで同様の操作をしてください。

2008/06/08 (Sun) 01:18 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/06/08 (Sun) 03:18 | EDIT | REPLY |   

やなぎ  

bashrc設定

/etc/pathsにかいておけばよいのでは?

2009/11/25 (Wed) 11:48 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  最前線UNIXのカーネル
  • 著者:ユーレッシュ・ヴァハリア/徳田英幸出版社:ピアソンエデュケーションサイズ:単行本ページ数:707p発行年月:2000年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書は、システム設計の観点からUNIXカーネルに焦点を当てたものであ
  • 2007.08.11 (Sat) 08:33 | OSのレビュー
この記事へのトラックバック
  •  はやわかりPCーUNIX
  • 著者:宮川晋出版社:共立出版サイズ:単行本ページ数:116p発行年月:1994年09月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 PC‐UNIXとは/第2章 PC‐UNIXとInternet/第3章 PC‐UNIXが動くハードウェア/第4章 実際のPC‐UNIX/第5章
  • 2007.08.12 (Sun) 05:14 | OSのレス