Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

MagiCal

MagiCalのアイコンメニューバーにカレンダ表示


メニューバーに小さなアイコンが表示されて、クリックするとカレンダが表示されます。

MagiCal1


正直「システム環境設定」>「日付と時計」で時計をメニューバーに表示すると、クリックするだけで日付が参照できるのでMagiCalを使う必要性はないと思っていたのですが、環境設定でいろいろ表示方法を変えられて便利。

例えばテキストで常に今日の日付を表示させていると、クリックする手間が省けて便利。

MagiCal2


「システム環境設定」>「日付と時計」よりもユーザそれぞれの好みで表示方法をかえられるのでMagiCalのほうが気が利いています。

ダウンロードは
Charcoal Designさんの
「Software」>「MagiCal」>「Download」より
ダウンロードする

広告


関連記事

広告

この記事を共有する

広告

関連記事

2 Comments

Tico  

MenuCalendarClockもおすすめ!

MenuCalendarClockの方が使いやすいですよ。チェックしてみてくださいね。既に試されてたら失礼!

http://www.objectpark.net/mcc.html

2007/03/19 (Mon) 21:20 | EDIT | REPLY |   

ヴェアダル  

存在は知っていましたがここまで細かい設定ができるとは知りませんでした。
早速紹介させて頂きますね、情報ありがとうございます。
訂正
もうレビューさせてもらっていました。
自分がレビューしたことさえ忘れるとは僕も末期ですね。

2007/03/20 (Tue) 15:18 | EDIT | REPLY |   

Add your comment