Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Category: システム関連 InputManager

現在の入力ソースに応じて画面上端にカラーバーを表示『ShowyEdge』

現在の価格: 無料 販売元: pqrs.org リリース日: 2013/06/14 対応OS: 10.6以降ひらがな・カタカナ・英数など現在の入力ソースに応じて、メニューバー上端にカラーバーを表示できるアプリ。カラーバーの表示場所・色・太さなどをカスタマイズでき、高い視認性を誇ります。カラーバーはメニューバーを三分割してそれぞれ色を指定でき、色だけでなくカラーバーが表示される場所でも入力ソースを判別できます。ダウンロードサイトを開...

文字入力切り替えにホットキーを割り当てられる『MLSwitcher』

カテゴリ:ユーティリティ仕事効率化現在の価格: 無料販売元:Bluezbox対応OS:10.7以降文字入力切り替え一つ一つにホットキーを割り当てられるアプリです。"次のレイアウト"に修飾キーを割り当てると、次の文字入力に修飾キーを押すだけで切り替えられます。Mac App Store で見る...

Rubisco

ウィンドウ操作のほとんどをキーボードからおこなえるInputManagerプラグインPISCESさん経由で知ったのですが、システムバンドルでインストールされていて欲しい便利なプラグインです。キーボードからウィンドウの移動、リサイズOS 9時代のウィンドウシェードを彷彿させる、ウィンドウを小さなタイトルバーのみで表示する「Fold / Spread」機能「Snapback」機能は「Set Snapback position」で記憶させたウィンドウポジションを再現...

広告

広告