Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Category:  Macの基本

BetterTouchToolのプレアルファ版がTouch Barに対応

BetterTouchToolのプレアルファ版 がTouch Barに対応しました。これによりカスタマイズされたオリジナルのボタンをTouch Barに表示できるようになります。Touch Barをアプリランチャーのように使ったり、アプリで提供されるTouch Barボタンに自分のアクションを付け加えたりというような利用が考えられます。アルファのさらに前ということでバグがあったり動作が不安定だったりするかもしれませんが興味のある人は試してみるのも良...

Safariのピクチャ・イン・ピクチャのウィンドウを好きな位置へ動かす方法

macOS Sierra(個別記事)のSafariで使えるようになった、Webページ内に貼られているHTML5ビデオを切り離して別ウィンドウとして表示できる機能がピクチャ・イン・ピクチャです。そのピクチャ・イン・ピクチャはデスクトップの4隅のいずれかにしか配置できませんが、好きな場所へ移動させることができるTipsが9TO5Macで説明されていたのでご紹介。ウィンドウ移動時にCommand ⌘キーを付け加えるだけです。ちょっとでもウィンドウを動...

コマンドラインからLINEにメッセージを送れるLINE Notifyがとっても簡単

LINE NotifyというコマンドラインからLINEにメッセージを送れる機能が公開されており、その利用がとっても簡単なので感動的です。サーバ上でエラーが発生したらLINEに通知を送ったするのが一般的な用途だと思いますが、一般ユーザレベルでも長い時間の処理が終わったらAutomatorやAppleScript経由で通知させるというような使い方ができます。詳しい使い方などはLINE Engineers' Blogを参照してもらうとして、とりあえず試してみま...

Safari 10で消えてしまった最小フォントサイズの設定をするターミナルコマンド

使えるdefaultsを書き込め -int 2に掲載されていた情報です。Safari 10以降では最小フォントサイズの設定が環境設定から消えてしまいましたが、GUIが隠されただけで defaults コマンドから設定できるようです。 Safari 10で最小フォントサイズを設定するにはターミナルを起動して以下のコマンドを実行(例ではフォントサイズを13に設定)defaults write com.apple.Safari com.apple.Safari.ContentPageGroupIdentifier.WebKit2Minim...

macOS Sierraで「すべてのアプリケーションを許可」の設定を復活させる

Ask Differentに掲載されていた情報macOS SierraからGatekeeperの仕様が変わり「システム環境設定」 > 「セキュリティとプライバシー」 > 「一般」の「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」から「すべてのアプリケーションを許可」のオプションがなくなりました。マルウェアなどの侵入を防ぐためですが、これでmacOS Sierra以降のMacでは原則Gatekeeperを介さないアプリケーション起動ができなくなりました。まあGatekeep...

広告

広告