Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Category: ユーティリティ マウスジェスチャー

2本指のトラックパッドジェスチャにさまざまなアクションを割り当てる『Riverflow』

現在の価格: 無料販売元:Riverflow対応OS:10.10以降トラックパッドのジェスチャを拡張してくれるアプリ。○やジグザグ、「のようなジェスチャを2本指で行なうと、指定したアプリへショートカットキーを送ったり、URLやファイルを開いたり、シェルスクリプトやAppleScriptを実行できたりします。ジェスチャの種類が覚えやすく使いやすいのが特徴。ジェスチャを認識すると上記スクショのように、認識ジェスチャのアイコンを表示し...

事前に実行できるアクションが表示されとっても分かりすいマウスジェスチャー『SwiftRing』

設定した修飾キーを一定時間押し続けると、マウスポインタの周りにアクションが書かれたリングが表示され上下左右のマウスジェスチャーでさまざまな動作を行なわせることが可能です。マウスジェスチャーに慣れるまで「どのジェスチャーをすれば何ができるのか?」という不安から解消され、できることが表示されるのがわかりやすくていいですね。設定では修飾キーの変更やアプリケーションごとのアクションの設定ができ、文字列を入...

マウスジェスチャーに反応し設定されたキーイベントを送信『Expogesture』

現在の価格: 無料販売元:Mac OS X Tips対応OS:10.3以降原理的にはMac OSXのGUIで動作する全てのアプリケーションで利用できるマウスジェスチャーアプリです。円を描く、左右上下に振る、ZやNを描くなど六つのジェスチャーに、キーイベントやメニュー項目を実行などのアクションを割り当て実行させることができます。六つだと少なく感じるかも知れませんが、アプリ毎にアクションを定義できるのでかなり好きなように設定できます...

広告

広告