Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Tag: iTunes11

iTunes 11でシャッフルのオン⇔オフをトグルするAppleScript

iTunes 11より前のバージョンのiTunesではプレイリスト単位でシャッフルするかどうか設定でき、シャッフルの設定を操作するAppleScriptも下記のような簡単な物ですみました。tell application "iTunes"set shuffle of library playlist to falseend tell しかしiTunes 11にはプレイリスト単位のシャッフル機能はなく上記のコードではエラーがでてしまうので、iTunes 11用のシャッフルのオン⇔オフをトグルするAppleScr...

iTunes 11でミニプレーヤー ⇔ 通常ウィンドウをトグルするAppleScript

iTunes 11以降でミニプレーヤーと通常ウィンドウをトグルするAppleScriptが、Red Sweater Blogからダウンロードできます。アプリケーションとして保存したりLaunchbarやAlfredなどから利用すれば、ミニプレーヤーに切り替えるための小さいボタンをクリックする必要がなくなり便利。...

iTunes 11に帰ってきたCoverFlow『CoverFlow11』

現在の価格: 無料(beta) 販売元: AprilSnow リリース日: 2012/12/26Appleに技術を買われiTunesに組込まれるもiTunes 11から使えなくなってしまったCoverFlowをフィーチャーしたアプリ。メニューバーからiTunesに登録しているアルバムアートワークをブラウジングでき、アートワークをダブルクリックでアルバム単位の再生をiTunesで始めます。iTunesの音量・再生・曲送り・戻しなどの簡易コントローラーとしても利用可能。ダウンロー...

iTunes 11のミニプレーヤーがずっとコントローラー表示になってしまう不具合を解消する方法

iTunes 11のミニプレーヤー表示が機能・見た目共にとても良く、iTunes 11にしてからずっとミニプレーヤー表示で使っています。だけれど現状ではおかしな不具合があり、ミニプレーヤーはオンマウスではない時は曲名とアーティスト名が表示されるはずなのですが、ずっとコントローラー表示になるのです。どうやら「システム環境設定」 > 「キーボード」 > 「フルキーボードアクセス」を「すべてのコントロール」にしていると起こる不...

iTunes 11を今まで通りの見た目で使う5つのTips

iTunes 11をiTunes 10以前のような見た目で使う設定が、OS X Dailyに掲載されていたのでご紹介。iTunes 11がしっくりこない人はどうぞ。アルバム表示から曲表示に変更まずはiTunesの表示の仕方をアルバムから曲に変更します。これだけでもう大分違いますね。カラムブラウザが使えるようになるので、かなり今まで通りの使い方ができるのではないでしょうか。サイドバーを表示Command ⌘ Option + Sか「表示」 > 「サイドバー...

広告

広告