Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Tag: Sierra

Safariのピクチャ・イン・ピクチャのウィンドウを好きな位置へ動かす方法

macOS Sierra(個別記事)のSafariで使えるようになった、Webページ内に貼られているHTML5ビデオを切り離して別ウィンドウとして表示できる機能がピクチャ・イン・ピクチャです。そのピクチャ・イン・ピクチャはデスクトップの4隅のいずれかにしか配置できませんが、好きな場所へ移動させることができるTipsが9TO5Macで説明されていたのでご紹介。ウィンドウ移動時にCommand ⌘キーを付け加えるだけです。ちょっとでもウィンドウを動...

キーボードのキー入力をシンプルにカスタマイズ『Karabiner-Elements』

現在の価格: 無料販売元:takezo / Karabiner-Elements対応OS:10.11以降キーボードからのキー入力を他のキー入力に置き換えるキーリマップアプリ、Karabiner(個別記事)の根源的な機能だけを取り出したアプリ。Karabiner(個別記事)がmacOS Sierraで動作しなくなって、本家のアップデートが来るまでの繋ぎの手段として当アプリが一番に挙げられるでしょう。長らくJSONファイルを直接編集しないと利用できないアプリでしたが、設定...

YouTubeやDailyMotionでもピクチャ・イン・ピクチャのボタンを表示するSafari機能拡張『PiPTool』

macOS Sierra以降のMacで使えるようになったSafariで再生中の動画を別ウィンドウで再生できるピクチャ・イン・ピクチャ機能(個別記事)。とっても便利なのですが、YouTubeやDailyMotionではピクチャ・イン・ピクチャを始動させるためのボタンが動画プレーヤ上に表示されず少し面倒。しかしこの機能拡張をインストールすれば、他の動画共有サイトと同じく動画プレーヤの右下にピクチャ・イン・ピクチャボタンが表示されるので便利で...

左右のコマンドキーを単体で押した時に英数/かなを切り替え『⌘英かな』

現在の価格: 無料販売元:⌘英かな対応OS:10.11.5以降左のコマンドキーを押した時には「英数」に、右のコマンドキーを押した時には「かな」に文字入力を切り替えます。US配列のキーボードを使っている人には必須アプリ。ダウンロードサイトを開く...

Macでも「Hey Siri」の呼びかけでSiriを起動『HeySiriMacOS』

要Xcodeを利用しての各自ビルド。iPhoneでは「Hey Siri」と呼びかけてSiriが起動できるのに、Macではキーボードショートカットからしか呼び出せませんが、このアプリを使うとiPhoneと同じようにMacへの呼びかけでSiriを起動します。利用には「システム環境設定」 > 「キーボード」 > 「音声入力」を「入」にする必要があります。音声入力コマンドからこのアプリを呼び出し、このアプリがSiriを起動させるという仕組みです。マイク...

広告

広告