Macの手書き説明書

macOSのアプリ紹介と基本的な使い方を解説

Tag: アプリ開発

ドラッグ&ドロップされた画像からドミナントカラーを抽出『Vaunt』

カテゴリ:グラフィック&デザイン開発ツール現在の価格: 無料販売元:Guled Ahmed対応OS:10.11以降メニューバーアイコンをクリックすると表示されるウィンドウへドラッグ&ドロップされた画像のドミナントカラーを抽出し、そのドミナントカラーのカラーコードをクリップボードへ格納するアプリ。クリップボード格納できるカラーコードの形式は多岐にわたるので、XCodeを利用したiOSアプリ開発・Androidアプリ開発・Webサイト...

MacやiOSアプリのアイコンに使えそうな画像を生成して書き出し『Icon Plus』

カテゴリ:グラフィック&デザイン開発ツール現在の価格: 無料販売元:Day 1 Solutions SRL対応OS:10.10以降4.99$が期間限定で無料中。核となるアイコンを用意するだけで、いい感じに背景にグラデーションを入れたり、縁を追加したり、影を入れたりして、そのままMacやiOSアプリに使えるようなそれっぽいアイコンを生成して各種アイコンサイズに応じた画像セットとして書き出せるアプリ。プログラミングはできるけれど、デザ...

開発しているアプリがMac App Storeでどのように見えるのか事前にチェック『StoreView』

カテゴリ:開発ツール現在の価格: 無料販売元:Daft Logic Studio対応OS:10.10以降Mac App Storeでアプリを公開する用に、アイコンとスクショと紹介文を用意してあるならば、実際に公開する前にこのアプリでどのような見栄えになるのかチェックしてみましょう。Mac App Storeで公開するのと全く同じ配置でアイコンや文章などの配置を確かめることができます。情報入力画面。Mac App StoreのURLを入れると情報を読み込むこともで...

アイコンをクリックするとSVGデータとしてコードを書き出し『Svgsus』

カテゴリ:開発ツールグラフィック&デザイン現在の価格: 無料販売元:Department対応OS:10.9.0以降ずらっと並んだアイコンのどれかをクリックすると、クリップボードへSVGデータがコピーされるアプリ。Web開発やAndroid・Mac・iOSのアプリ開発に使えそう。 SVGで電話アイコンを貼ってみました。アイコンはテキストで検索可能で、新たに自分のアイコンセットを登録することも可能です。Mac App Store で見る...

iOSアプリのモックアップを簡単に作り、iOSデバイスで動作確認『Prototypr』

カテゴリ:グラフィック&デザイン開発ツール現在の価格: 無料販売元:Vladislav Alexeev対応OS:10.7以降期間限定で無料。いくつかのスクリーンをPhotoshopなどの画像編集アプリで作っておいて読み込むと、ある領域(ボタンなど)をタップしたら他のスクリーンに遷移するという簡単なモックアップをクリック選択だけで作れます。そのモックアップはMacやiOSデバイスで動作確認できます。左サイドバーに読み込んだスクリーンが表示さ...

広告

広告